コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳   1 comments   0 trackback

山荘


「だめだ。完全に閉じ込められた」

 窓もドアも電子ロックされていて開かない。
 コンパネを相棒がいじったが効果はない。

「こうなったら」
 ポケットから出したそれを見て、
「ヘアピン?なんでそんな物を持ってる?」
 相棒の瞳がキラリと光る。
 おれはそ知らぬ顔をしてドアの前に立った。

 長い髪が絡まっていた。


 ※ 朝倉 淳へのお題  山荘が舞台の話。アイテムはピン止め

スポンサーサイト