コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳   3 comments   0 trackback

タッチパネルの会話

「あ、あ?・・なんだこの?あ?って・・あっ、・・ああ?」珍しくも出勤してすぐに立ちあげたパソコンで報告書を書いていたジョーが声を上げた。「なんだ、このやろ。?あ?ってなんだよ。あ?」
「なに言ってんだ、ジョー」
 読んでいたプリントをデスクに置いて神宮寺が振り向いた。
「モニタに触れたら変な字が出るんだ。?あ?って。あ、なんだこの四角いのは?」
「タッチパネル機能だよ。JBのパソコンに順次搭載するらしい。まずはこことJB2の」そう言うと神宮寺はプリントをジョーに渡した。「ほら、ここに使い方の説明が書いてある」
「タッチパネル?また面倒くさえ事を・・」
 眉をしかめジョーが読み始めた。
「それ1枚で収まるくらいだから大して難しくはないだろ。どうしてもいやならマウスを使えばいいんだから」
 確かに取り扱い説明書にしては少ない。読まなくてもパソコンの操作に慣れた者なら使いながら充分に操作できる。が、
「・・・・・」
 説明書を見たままジョーが固まっている。ひそめた眉がさらに険しく寄り、渓谷のようなしわになっていた。
「どうした?難しいか?」
「・・・漢字が読めねえ」
 それ以前の問題だった。
「仕方がないなぁ」
 親切な神宮寺は難しい漢字にルビをふってやった。
「ルビよりお前が覚えて操作してくれよ」
「やだ」
「・・冷たい相棒」
 タッチパネル機能など使わなくてもマウスが使えるのだから覚えなくてもいいだろう。しかし負けず嫌いのジョーは相棒が知っているのに自分は知らない、というのがいやだった。
「えーと・・こうやって女性に触れるようにやさしくタッチすると(←そんな事、説明書には書いてない)?あ?が出てキーボードも出て・・・これを押すと入力になり・・・なんだよ、手書きパッドって・・・あっ、そんな所に出るな!」
 性能が良いのか、ちょっとモニタに触れただけで何か出る。いつものくせでついモニタを拭いても突っついても?あ?っと出るのだからたまらない。
「チェッ!せっかく人が仕事してやろうというのに邪魔ばかりしやがってよ。便利なのか不便なのかわからねえぜ」
 とジョーは言うが、?触れる?のはあくまでも自分なのだから大部分は本人の仕業だ。タッチパネルに罪はない。
 とりあえずややっこしい事は後回しにして、報告書を書き上げてしまおうと思った。が、その時、どこからか飛んできた小さな虫がピタッとモニタに止まった。?あ?が出た。そのままツツ・・と上に向かって歩いて行く。と
「あ、止まるな!歩くな!勝手にスクロールするんじゃねえ!」
 虫を追っ払おうと手を振るとモニタに当たり、また?あ?が出た。
(くそォ、イライラする。こんな機能は無効にしてやる)
 だが、説明書を見てもそのやり方は書いていない。
 ジョーはモニタを神宮寺の目線から外して?タッチパネル 無効?でヤフってみた。やり方はいくつかあるようだ。
(コンパネからプリンタとその他のバードウェアに行って・・・あ?ねえぜ??)
 それはXPのやり方だった。JBのパソコンはWindows7に替えたばかりなのだ。
(Windows7のやり方は・・ないなぁ)
 こんな事をしていたら、また報告書も始末書も書くのが遅くなる。ただでさえいやな仕事なのに。
 おまけに今日は午後からオフで、サーキットに走りに行く予定なのだ。さっさと終わらせなければ。
(OSなんてどれも似たようなものだ。絶対どこかにあるはずだ。くそォ・・ここじゃねえ。こっち、でも・・ねえ)
 キーを叩くジョーの指先がブルブルと震える。頭からユラユラと湯気が上がる。
「ジョー、ちゃんとマニュアル読んでからいじれよ」
 これまた珍しくも熱心にパソコンに向かっている相棒を不審に思ったのか神宮寺が言った。
「うるせえ!こんなの無効にしてやる!」
 バンッ!─どこか叩いた、か?
「あ、あ?・・・なんだ、この?あ?って・・あっ、・・ああ?」
「なに言ってんだ、神宮寺」
「あ?タッチパネル使用不能?おまけに真っ白。なにしたんだ、ジョー!」
「は?」
 確かに自分のパソコンにもその警告が出ているし、モニタは真っ白だ。トラブルか?
「いや、ちょっとあちこち入り込んでいて、どこかをポチッとな、と・・」
 神宮寺の細い目がさらに細くなりジョーを睨んだ。だがその眼力をもってしてもモニタは元に戻らない。なんとかしようと必死にキーを叩く相棒を横目に
「わ、悪い、神宮寺。おれもナントカ─」
「触るな!」
「・・・は、はい」
 こういう時は逆らわないのが得策だ。奴に任せればなんとかなる。たぶん・・・。
 だが今日はこれを理由にデスクワークをしなくても済む、と密かににんまりとしたジョーだった。

 この後JBは大騒ぎになった。
 なんとJBで使用しているパソコンの半分がモニタ真っ白状態になったまま元に戻らなくなってしまったのだ。それはJB管理課の第2サーバーを共有しているパソコン達でジョーが使っているのもその1台だった。
 容疑者はすぐに割れたが、何をどうしてどうなったのかは説明できなかった。

「また始末書だな」
 チーフ室から戻って来たジョーに相棒が言った。
「チェッ、どうせならタッチしただけで始末書が作れる機能がほしいぜ」
 ピラピラと靡く始末書片手にジョーが恨めしそうにモニタを睨んだ。
 

                               おわり

スポンサーサイト

Comment

じゅん says... "会話シリーズ"
「会話」シリーズ、第2弾。←いつから?

タッチパネルについてのグチをどこぞやへ書いた時、「無効にできる」とアドバイスをいただき・・その前にせっかく備わっているので使ってみようかと思った。(天邪鬼だな)
しかしマニュアルを読むのがいやだ。

基本的には文字大好き人間なので新しい機械類は必ずマニュアルを読んでから使うが、なぜか今は読みたくなかった。
そこで思いついたのが、「JBのパソコンにタッチパネルを搭載するのでチーフ命令でマニュアルを読む!」設定だ。これなら自分も命令に従わなくてはならない。(メンドーなやつだ、自分・・)
ついでにその過程を話にしてしまおうと書いたのがこの短編だが・・・マニュアル読む意味がないような展開になってしまった。

こんな話ばかり書いていると、いつか誰からにどつかれそうだ。

なお、パソコンのタッチパネルは機種によっては無効にできないものもあるが、なにをどうしようとジョーのようにサーバを共有しているパソコン全部を無効にはできませんのでご安心を(え?わかってるって?)

2010.12.04 14:51 | URL | #vDtZmC8A [edit]
があわいこ says... "モニターになりたい私・・?"
や~ん。
新しい連載か?それにしては珍しい題名だなぁ・・と思ってきたら・・。
そうか、「SS会話シリーズ」なのね^^/~♪ヤッタ~

>密かにニンマリするジョー。
見たいような、見たくないような・・(をいっ!)
モニターになってジョーにじっと見つめられたい・・。
2010.12.04 23:20 | URL | #/5lgbLzc [edit]
淳 says... "シリーズ化か?"
こんにちは、わいこさん。

ちょっと無理のある題名ですね(^_^;)
でも短編はこの名でいこうかな、と。

>モニターになって
そのうち、ひっぱたかれるかもしれませんよ。
JBのパソコンは元に戻ってタッチパネルも復活したと聞きましたから。←イライラジョーに
私はキーになってタッチされたいなv-10

ちなみに、実際のタッチパネルの説明ページはたったの5ページほどでした。
2010.12.06 11:35 | URL | #vDtZmC8A [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://junstory.blog63.fc2.com/tb.php/176-9b31abe8