コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳   0 comments   0 trackback

『ダブルJのルーツ?』

 

 先日図書館で、「少年探偵団」シリーズを手に取った。
 江戸川乱歩の「明智小五郎」シリーズ」の子ども向けの本だ。

 子どもの頃の淳はこのシリーズが大好きで、今でも40巻のうちのほとんどを持っている。
 怪人20面相との対決を明智探偵と共に小林少年率いる少年探偵団が挑む、子供向けの探偵小説だ。
 そして、同時期に好きだったテレビ番組には、「キーハンター」があった。

 こちらは大人が活躍する国際警察ものだ。
 もっとも警察にしてはかなりハードな設定やストーリーになっているが。

 当時マンガ゙を描いていた淳は、「少年探偵団」という題で何話かの話を描いている。
 その登場人物がJB捜査課のチーム1でお馴染みの立花と西崎だ。

 少年探偵団(立花)と国際警察(西崎)がタッグを組み事件に挑む話だったが、これは江戸川乱歩とキーハンターが合体したもので・・・思えば「ダブルJ」に至るひとつの過程だったかもしれない。
 これに神宮寺やジョーがうまく嵌まったのだ。

 この2人との付き合いは(元アニメから)もう40年近くになり、元はまったく別々のアニメなのだが、その反面子どもの頃から使い慣れた設定(国際警察)での話のせいかまるで自分のオリジナルのような気になっている。
 


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://junstory.blog63.fc2.com/tb.php/256-9a5d9f20