コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳   0 comments   0 trackback

『あと2冊』


 ノート51冊からなる「平成編」。
 それを順番にタイプ(デジタル化)して行き、ふと見ると残りはあと2冊になっていた。

 いつの間にそんなにタイプしたんだ?でも、けっこう楽しくやってたなぁ。

 タイプを始めた頃には、これが全部打ち終わる日が来るなんて考えていなかった。それだけ膨大な量に見えたのだ。
 それでも自己満足と彼らの世界に浸り、集中できる楽しいひと時でもあった。だからもしこの作業(時間)がなくなったらと思うと・・・。
 いや、それまでにはまた新しい話を書き上げていて、タイプするものが増えてるさ、なんて思っていた。

 しかし最後に「ダブルJ」を書き終わってから早や3年弱。作数は増えていない。
 もっとも「昭和編」を入れればまだまだタイプするものはある。
 それより新しい話が書けないのが辛い。書くまでのモチベーションが上がらない自分が辛い。

 カットはあるが、それを繋げてもストーリーにはならないしなぁ。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://junstory.blog63.fc2.com/tb.php/261-1c078fff