コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳   0 comments   0 trackback

『タイトルがない』


 いつの頃からだろう。話のタイトルをつけるのが苦手になってしまった。
 昔は粗筋と同時にスッと浮かんだのに。

 「昭和編」は話も単純で主体も絞れたが、「平成編」はあちこちと複雑になりひとつ(・・というのも変だが)の主体に絞れなくなってしまった。
 想像力や考える力もなくなってきたのかもしれない。以前ほどには簡単にストーリーが浮かばなくなったし。

 そんなこんなで、今現在タイトルがない話は5話ある。
 読んで考えようと思うのだが、ついその世界に浸ってしまい気がつくと読み終わって・・・はて?という始末だ。

 実はいまアップしている、「記憶の底にひそむもの」の次の話もタイトルがないひとつだ。
 すでにタイプ済みで、だがタイトルがないので、「〇〇」にしてある。その他は「××」とか「△△」とか・・・。
 「〇〇て何の話だっけ?」とファイルを開けなければ自分でもわからない。

 まさかアップする時も「〇〇 1」というわけにはいかないしなぁ。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://junstory.blog63.fc2.com/tb.php/269-75d4c7fd