コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳   3 comments   0 trackback

早朝のキッチン


 早朝のキッチンに1人立っている。
 ハムエッグとサラダ。お皿は2枚。コーヒー豆も2人分。

 夕べはあのまま・・手を繋いで寝た。
 カーテンから差し込む光がまだ弱いうちにその手が離れた。

 わかっていた。夕べここに来た時から。
 その手をとる事は2度と・・永遠にないだろうと。

 そして彼が残したものは─。


 ※ 恋愛お題ったー 「早朝のキッチン」で登場人物が「手を繋ぐ」、「永遠」  


スポンサーサイト

Comment

淳 says... "覚書き"
「ダブルJシリーズⅠ」のラスト近くの話が元になっている。
シーンやストーリーはあるが、当分書く気にはならないだろうな。
2012.04.16 17:26 | URL | #vDtZmC8A [edit]
響子 says... "ショックぅー"
えぇぇぇぇえっ!
ハッピーエンドじゃないんですかっ!?@ダブルJ・・

「ジングージとのコンビは解消したが、今度は淳、おめぇとダブルJ・・」とか何とか・・

え~ん、え~ん(。><。)
どうか最後にどんでん返しがありますように~~~~!!

>そして彼が残したものは─。
子種・・?←をいっ
(すみません。気が動転してオカシなことを口走りました(大汗))
2012.04.17 12:30 | URL | #/5lgbLzc [edit]
淳 says... "響子さん"
>ハッピーエンドじゃないんですかっ!?
ハッピーエンドの話だと思いますか?
書いているのは、〝淳〝ですよv-388

>おめぇとダブルJ・・
あ・・ちょっと食指が・・・

>子種・・?←をいっ
・・す・・するどい・・・
2012.04.17 17:33 | URL | #vDtZmC8A [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://junstory.blog63.fc2.com/tb.php/276-3b6d52b7