コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by  朝倉 淳   1 comments   0 trackback

これが


 これが運命だって言うのか。

 いや、そんなつもりでこの地に来たのではない。
 後は継がない。そうはっきりさせるためだったのに。

 だがまさかこんな事になるとは。

 全部おれの責任だ。
 おれの身勝手で皆に迷惑をかけた。

 だけどおれの気持ちは決まっている。

 すまねえな。

 運命なんてどこかへ蹴っ飛ばしてやる。


   ※ セリフでお題ったー
       ジョージ・アサクラがいぶかしげに「これが、運命だって言うのか」と言うヨーロッパが舞台の話をRTされたらかいてください。

スポンサーサイト

Comment

淳 says... "覚書き"
これはまだ書いていない話の一部。

ある意味、彼の運命を変える選択にイタリアへ行った時のもの。
書きたいのだが、この話ではキャラが1人いなくなってしまうのでなかなか書けないでいる。
2013.11.01 16:05 | URL | #vDtZmC8A [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://junstory.blog63.fc2.com/tb.php/317-52065c77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。