コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳   0 comments   0 trackback

これが、


 一度はこの手から離したのにまた戻ってくるなんて。

 お前はそんなにここがいいのか?
 おれでいいのか?

 おれは・・お前と一緒にいる事はできない。
 多いんだ。

 おれにとっては重すぎる。とても抱えて生きてはいけない。
 だからおれの手から離れて─

「ジョー、まだか。始末書が溜まってるぜ」

 離れてくれぇ。



      ※ セリフでお題ったー
           ジョージ・アサクラが首を振って「これが、運命だって言うのか」と言う
           巡り会いの話を5RTされたらかいてください。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://junstory.blog63.fc2.com/tb.php/346-57e041e9