コールナンバー ダブルJ

国際秘密警察スペシャル(S)メンバーと呼ばれる男達のお話です
Posted by  朝倉 淳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by  朝倉 淳   0 comments   0 trackback

『書きにくい現状』


 偶然、愛用しているノート会社のツイートが目に入った。

 A5 サイズで立罫。
 まだ作っているだろうかと恐る恐るHP に行ったら・・あった! よかった。

 一般の文具店ではお目にかかれない商品で、大学ノートサイズよりは需要も少ないだろう。
 店では買えないので本社から直接購入していた。
 20 冊でワンセット。いくつ購入しただろう。
 だが、最後に購入した包みの中にはまだ十何冊か残っている。
 以前より話が書けなくなって使う頻度が減った。
 また包みでポンッ!(??)と買えるように・・・書きたい。

 が、その反面今の世界の状況を見ていると完全なフィクションでも事件の話は書きにくくなっている。

 テロや凶悪な犯罪が起こるたびに怒りや憤りが沸く。
 テロを起こして世の中がどうにかなると思っているのか。
 いや、思っている奴はいい。命を掛けてそれで満足だろう。だったら1人でどうぞ、と言いたい。関係ない人を巻き込むな。

 たとえその人達の主張が正しいものであっても、テロや暴力で訴えるやり方では受け入れられるはずはない。
 なぜわからないのだろう、その虚しさを。

 そのテロが決してどこか遠くの国の話ではなくなっているので、ダブルJ のようなストーリは書きづらい。
 戦争は昔からあったが、書き始めた頃はまだまだ世界は平和だった。テロという言葉なんて聞かなかった。だから物騒な話を書くことができたのだが。

 実は今プロットを練っているのは空港テロの話。
 もう5年程前(から?)に考えたものだが、先日もトルコの空港で自爆テロがあり、この現状にストーリを考えるだけでなんだか自分がいやになる。

 この話は飛ばして次のストーリに行こうかとも思うのだが・・・。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://junstory.blog63.fc2.com/tb.php/365-924a559d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。